塩分と糖分の関係

塩分や糖分の摂りすぎについて

 

塩分を摂り過ぎると△△△になるという一般常識があります。

本当にそうでしょうか?

それは、塩分のみ大量に摂取すれば、実際に起こることです。

 

そして、糖分を大量に摂取すると○○○になるという一般常識がありあす。

本当にそうでしょうか?

それは、糖分のみを大量に摂取すれば、実際に起こることなのです。

 

では、どのように対処すれば良いのでしょうか?

味の薄い食事にしていけば、健康になるのでしょうか?

 

塩分を摂らないようにする(ひかえる)と良いのでしょうか?

実は、薄味にすれば健康になるのは立証出来ません。

 

塩分を摂らないようにすると、をかきませんので、低体温症になります。塩分を摂ることで体温が上がります。

塩分を控えすぎて低体温症になった親が、その遺伝子を子供に引き継いでしまう可能性もあります。

低体温症になることによって、代謝も落ちますし、体が糖分の蓄えをするようになってしまいます。

これは、体の仕組みの理屈です。これが病気の原因になることもあるのです。

塩分を摂らない人が太っている場合がありますが、この理屈になります。

 

塩分を控えめにすると糖分を増やすために、血管がおかしくなります。

塩分を摂りすぎて、糖分を控えると、血管が固くなります。

 

塩分を外に出す方法は汗です。

運動したら汗が出ますね。

という事は、塩分と糖分のバランスが大切だということです。

 

体は、そのバランスを勝手に調整するということなのです。

塩分と糖分の摂取するバランスが崩れると体内が調節してしまうのです。

 

では、どのようなバランスが良いのでしょうか?

頭を使う職業の方は、脳内の糖分がすぐに枯渇しますので、大量に摂る必要もあります。

バランスなので、大量に糖分を摂る場合は、大量に塩分を摂ればいいのですが、調節は簡単ではありません。

人によって違うということですが、簡単に調節が出来る食材が存在します。

 

それは、”朝倉山椒”です。

体の中の塩分と糖分を調節してくれるのっで病気の予防に役に立ちます。

 

 

~:~:~:~~:~:~:~

<ぶどう山椒>
トゲがあり、
雌雄の株があります。

水溶性の栄養分しか取れません。

<朝倉山椒>

トゲがあまりなく、
実が大粒で香りが強いです。

雄雌の株に分かれていないので、味も安定しています。
水溶性も不溶性の栄養分も摂取できます。

~:~:~:~~:~:~:~

 

食事制限は、ある特定の状態の方のみというお話になります。

 

続きは、小松覚 先生のセミナーにてご質問ください。

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 

※こちらのページでは、内容をすべて公表しておりません。

さらに、詳しい情報を知りたい方は、

小松覚 先生のセミナーにご参加して質問してください。

普通ではありえない、非常にリーズナブルな設定となっております。

ご了承ください。

 

 

■この情報で幸せになられましたら、

必要な人に繋いでくださいませ♡

大切な人に拡散してください。

 

▼下記のユーチューブチャンネルにご登録くださいね▼

 

◎小松覚先生の情報などをMailいたします◎

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial

お役に立てばシェア(Share)してくださいね♪

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。