菖蒲湯の作り方

本格的な菖蒲湯

 

5月5日のこどもの日には、柏餅を食べたりしますが、菖蒲湯も伝統の風習ですね。

そこで、健康のサイトですから、そこの焦点を合わせて、本格的な菖蒲湯の作り方を解説したいと思います。

菖蒲は、薬草として使われているからです。

伝統的な意味としては、菖蒲湯は、厄除け、邪気祓い、災厄のがれのために、

菖蒲湯に入りましょうということなのですが、薬草としての意味は違うようです。

 

作り方ですが、お風呂に入れて10分以上経つと、精油成分が出てきます。

ですが、これは普通のやりかたです。

本確定な作り方は、菖蒲を煮出します。

根っこが付いているものを出来るだけ買ってきて下さい。

こちらの方に、いい成分がたくさん入っているからです。

 

それでは、動画をご覧ください。

動画には出ていませんが、細かく刻んでガーゼーなどに入れるとさらによいでしょう。

 

 

アロマとして

精油成分を煮出すことで抽出します。

これが、アロマ成分ということになります。

菖蒲にある精油成分は、リラックス効果が高いために、落ち着いた精神状態にしてくれる可能性があります。

 

健康として

リラックス効果が高いため、

肉体の疲労を低下させてて、病気になりにく状態になることが望まれます。

特に、根っこまで使った場合には、

筋肉痛や、腰痛、偏頭痛、リウマチ、冷え性などなど・・・

傷みを伴う症状改善に、効果が望まれることでしょう。

 

注意点

菖蒲は、サトイモ科ですので、サトイモによるかゆみが懸念させれる方は、注意が必要です。

 

 

◎小松覚先生の情報などをMailいたします◎

■この情報で幸せになられましたら、

必要な人に繋いでくださいませ♡

大切な人に拡散してください。

 

▼下記のユーチューブチャンネルにご登録くださいね▼

 

Follow me!

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial

お役に立てばシェア(Share)してくださいね♪

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。